ヒアルロン酸の主成分

体内にある成分で外部から取り入れられる

ヒアルロン酸とは私達人類の体内に元々存在している物質で、正確に言うと「ムコ多糖類」と呼ばれています。体内の水分をキープする働きがあり、1gのヒアルロン酸で6リットルもの水をキープするのが特徴です。
20歳をピークにヒアルロン酸は体内で減少され、40代では赤ん坊の半分、60代になると4分の1まで低下してしまいます。そのため、外から化粧品で取り入れ、体内へはサプリメントや食事で積極的にとることが必要です。
細胞同士をつなぎとめる働きをするため、細胞と細胞の間に多く存在しています。保水力を高めて関節の動きをスムーズにしたり、肌の保湿力を高めてシワやたるみを抑えることもできるでしょう。意外なことですが、老眼や眼精疲労の症状緩和にも役立つ成分です。

体内に取り入れる場合

以前であればヒアルロン酸は経皮、つまり皮膚から取り入れることができないとされてきました。細胞の粒子が大きく、体内に取り入れづらかったからです。しかし、ナノレベルまで分解している場合には取り入れられるようになってきたため、現在では皮膚から化粧品を使って取り入れられると考えられています。
サプリメントと注射とではどちらがいいのか、と判断に悩む人も少なくありません。結論から言うとダイレクトに届けたいなら、注射の方がいいでしょう。注射であれば消化によって成分が変化してしまうこともなく、ヒアルロン酸のままで体内に届くからです。ただし、サプリメントとして取り入れても体内に害になることはなく、結果として体内への良い影響が期待できるとされています。