化粧品から補う

ヒアルロン酸で、プルプルお肌を取り戻そう

医療や美容に広く使われているヒアルロン酸。使ったことがある人も多いはず。保湿効果が高いとよく言われていますが、さて一体何なのか?というと、よくわからないなんてことありませんか?
ヒアルロン酸は人間が元々持ち合わせているもので、目やお肌、関節に存在します。細胞と細胞の間で水分をたっぷりと保持し、クッションのような役割を果たしてくれます。関節液にも含まれ、骨の動きを良くしてくれる、健康には欠かせない大切なものです。
これは表皮にも存在しています。とっても悲しいことですが、ヒアルロン酸を作り出してくれる表皮幹細胞は加齢とともに減少してしまいます。つまり、赤ちゃんのお肌のようなプルプル感を取り戻すためには、化粧品などでヒアルロン酸を補ってあげることが必要になってくるわけです。

ヒアルロン酸は、こう選ぶ

潤い溢れるお肌には欠かせないヒアルロン酸ですが、その高い保水力はなんと、1グラムで6リットルもの水を保持出来ると言われています。非常に安全性が高く肌質を選びません。エイジングケアではもはや定番の成分と言ってもいいでしょう。
ヒアルロン酸の選び方は色々とあります。添加物無添加のほうがお肌に負担はかかりにくいですし、水分がアルコールと蒸発してしまうのを防ぐためにはアルコールフリーのものがより良いでしょう。また、ヒアルロン酸は肌表面に水分を含んだ膜を作ってくれます。乾燥肌による口元や目元のシワ、毛穴の開きには効果を発揮しますが、お肌のたるみによる場合には、あまり効果がみられないことも。エイジングケア化粧品にはほかにも様々な美容成分が含有されているのはそのためです。
ストレスや加齢とともに年々減ってしまうヒアルロン酸。潤いのあるお肌のために、状態に合わせて上手に選んであげてください。